トップ 追記

日記


2019-10-06 (日)

ブルックス(滝沢徹ほか訳)『人月の神話』(丸善出版)読了。最後の方は斜め読み。読んでおくべき本だと思うが,さすがに記述が古い。前半だけでいいかもしれない。しかも元がエッセイなので内容が整理されておらず読むのにたいへん苦労する。なぜ延々このまま売られているのか。現代に合うようなエッセンシャル版をだれかが編集すればいいのに。


2019-10-05 (土)

砂町にて,トロンボーンクラブでやるリン《ページェント》の集中練習。やってよかった。


2019-09-29 (日)

広木大地『エンジニアリング組織論への招待』(技術評論社)を斜め読み。誰それの何々という理論があって……という話がいろいろ出てくるが構造化されておらず,章ごとの結論もなしにいきなり終わるので,全体として何が言いたいのかよく分からない。第1章の途中でこれはちょっととなってあとはざーっと眺めて終了。真面目に読んでいないので他人の書評を引用すると「【書評】"エンジニアリング組織論への招待"は名著ではなかった - ochataro’s blog」の評が的確に見える。


泳いだ。

学生時代から買い集めたクラシックCDの一部をブックオフに売った。66点売って,39点に値がついて2080円。ま,こんなものか。


2019-09-28 (土)

昼過ぎから新宿にて会社のBBQ会。手ぶらで行けるとはありがたい。

行く前のお昼は軽めにしようと思っていたが,時々行く駒込の喫茶店でサンドイッチのセットを頼んだら想像の倍くらいあって腹一杯になってしまったのだった。


2019-09-22 (日)

駒場にてトロンボーンクラブの練習。

下北沢にてジャズ喫茶……の予定だったが同じ建物でやっていたジャズセッションが面白そうだったのでそっちを聴きに行った。入口で「演奏はされますか?」 と聴かれたので(もちろん)しないと答えたのだが,演奏者はおそらくみんなプロかセミプロだった。こんなんにいきなり入って演奏する人とかいるんだろうか。ドラマーの人のサイト。演奏はたいへんよくて胸のすく昼下がりであった。その後渋谷のジャズバー……の予定だったが思いがけず休みだったのでロックを聴かせる別のバーへ。


2019-09-21 (土)

右目の下に去年からずっとできていた かぶれのような赤みが少しひどくなったので皮膚科へ。かねてから行こう行こうと思いながら先送りにしていたが土曜にやっている近所の皮膚科をたまたま今朝発見してすぐ行くことに決めたのだった。1時間待ちだったが外出OKだったので一度家に帰れた。病院が近所だとこういうところがいいと思った。特になんでもなく,塗り薬を出されておわり。


調整に出したHoltonの受け取り。管の内側やロータリーの中も薬品を使って洗浄したようで見違えるほど綺麗になっていた。


2019-09-16 (月)

映画「天気の子」鑑賞。絵が綺麗。ストーリーはまあ何というか,ふむ……という感じ。女性の描き方は完全に監督の趣味。


2019-09-15 (日)

本郷にて今日もトロンボーンクラブの集中練習。久しぶりにX-T30を持ち出して写真の練習。


2019-09-14 (土)

住吉にてトロンボーンクラブの集中練習ののち,東大島にてアルスの練習。財布を忘れてしまってお金を借りた。出がけに時間がないのは良くない。鞄が変わるときに持ち物を一つ一つ入れ替えるのが悪いということかもしれないが,じゃあバッグインバッグを使うかというと,うーん。


2019-09-10 (火)

帰京。休みが短いぶん,ということで今回は行きに初めてのグランクラス,帰りもグリーン車に乗る豪勢な道中だった。グランクラスはまあ快適だったけど当分いいかな。自宅は台風の影響もなく胸をなで下ろした。この暑いなか千葉県は一部でずっと停電していて気の毒で仕方ない。


壇蜜『噂は噂 壇蜜日記4』(文春文庫)読了。


トップ 追記